At the corner of the frontier

焼津散策4  

P0175005.jpg
PENTAX 67 + smc PENTAX67 165mm F2.8 / RVP50

いまになって気付いたけど、右上の電線を切れなかったのが悔しい。
けっこう頑張ったんだけどな。

(タイトルの行先を何故か焼津ではなく沼津にしていたので訂正しました。)

スポンサーサイト



category: PENTAX 67

thread: ある日の風景や景色 - janre: 写真

tag: Velvia50  SMCP(67)165mmF2.8  GT-X820  街角 
tb: --   cm: 0

焼津散策3  


P0175003.jpg
PENTAX 67 + smc PENTAX67 75mm F4.5 / RVP50

港だったり工場だったり、あるいは何ともない街角だったり。
少しごみごみとした場所に無性に惹かれ、ついシャッターを多く切ってしまうのは何故なのでしょう。
家族にはお前はよくわからない物ばかり撮るなんて言われています。
でも惹かれるんだからしょうがないね。うん。

category: PENTAX 67

thread: ある日の風景や景色 - janre: 写真

tag: Velvia50  SMCP(67)75mmF4.5  GT-X820  街角  漁港 
tb: --   cm: 0

焼津散策2  


PENTAX 67 + smc PENTAX67 75mm F4.5 / 400TMY

category: PENTAX 67

thread: ある日の風景や景色 - janre: 写真

tag: T-MAX400  T-MAX  SMCP(67)75mmF4.5  GT-X820 
tb: --   cm: 0

焼津散策1  

M0096003.jpg
PENTAX 67 + smc PENTAX67 165mm F2.8 / 400TMY

category: PENTAX 67

thread: ある日の風景や景色 - janre: 写真

tag: T-MAX400  T-MAX  SMCP(67)165mmF2.8  GT-X820 
tb: --   cm: 0

木曽谷へ 7  

P0163010.jpg
PENTAX 67 + smc PENTAX67 165mm F2.8 / RVP50(+1)

帰り際に見たダム湖の削れた湖畔に残る廃線跡とや八重桜が美しかった。

category: PENTAX 67

thread: 廃墟系 - janre: 写真

tag: Velvia50  SMCP(67)165mmF2.8  GT-X820  ナローゲージ  廃景色   
tb: --   cm: 0

小さな舞台  

N0247004.jpg
PENTAX 67 + smc PENTAX67 165mm F2.8 / Ektar100

この画面の真ん中に人を置きたかったなぁ。それか椅子。

category: PENTAX 67

thread:  - janre: 写真

tag: Ektar100  SMCP(67)165mmF2.8  GT-X820   
tb: --   cm: 0

花を見る人たち  

M0127002.jpg
PENTAX 67 + smc PENTAX67 165mm F2.8 / ACROSII

category: PENTAX 67

thread:  - janre: 写真

tag: NEOPAN100ACROSII  Microfine  SMCP(67)165mmF2.8  GT-X820    スナップ 
tb: --   cm: 0

秋口の線路端  


PENTAX 67 + smc PENTAX67 165mm F2.8 / RVP100

category: PENTAX 67

thread: 鉄道写真 - janre: 写真

tag: Velvia100  SMCP(67)165mmF2.8  GT-X820  鉄道 
tb: --   cm: 0

上松のΩループ  


N0138005.jpg
N0138006.jpg
PENTAX 67 + smc PENTAX67 75mm F4.5 / PRO400

正直に言いましょう。
南木曽、赤沢と回って最後にここへ来たとき、打ち震えました。
あぁ、舐め回すように、食い入るように見た40年前の風景が、大して姿を変えずそのまま残っているではありませんか。
時代を遡行することのできないこの身が惜しいところですが、素晴らしい体験には変わりありません。

現役だった頃は、貯木場からこの先にあった製材所の各所を結ぶ線であったそうです。
下の製材所はまだその面影を見ることができますが、貯木場跡はすっかり変わってしまいましたね。
そして各地に残る遺構も、もうとっくに限界のその先にあり。
探索を、しなければ。

この後は鬼淵の鉄橋までは行きましたが既に日も落ち、殆ど何も撮らないまま帰途についています。

category: PENTAX 67

thread: 旅の写真 - janre: 写真

tag: PRO400  SMCP(67)75mmF4.5  GT-X820  廃景色  ナローゲージ 
tb: --   cm: 0

ウルシ沢線2  


PENTAX 67 + smc PENTAX67 75mm F4.5 / PRO400

category: PENTAX 67

thread: ある日の風景や景色 - janre: 写真

tag: PRO400  SMCP(67)75mmF4.5  GT-X820  鉄道  ナローゲージ  廃景色 
tb: --   cm: 0