At the corner of the frontier

交錯室  


Nikon F3 + Ai Nikkor 24mm F2S / PN400N , FL-W

本来なら自分もがっつり関わる予定がいろいろあって何もできなかったところ。
来年はどうなるのかなぁ。
そんな、とある舞台の裏側だったり。

スポンサーサイト

category: Nikon F3

thread: *写真で残す日常* - janre: 写真

tag: PRO400  Ai24mmF2S  GT-X820   
tb: --   cm: 0

倉庫にて  

N0090003.jpg
Nikon F3 + Ai Nikkor 24mm F2S / PN400N , FL-W

蛍光灯下なら迷わずFL-W、そう思っていた時期が私にもありました。いえ、今だって…
今さらだけどWCYRくらいのフィルターは揃えようかしら。

category: Nikon F3

thread: *写真で残す日常* - janre: 写真

tag: PRO400  Ai24mmF2S  GT-X820 
tb: --   cm: 0

合間に  


Nikon F3 + Ai Nikkor 50mm F1.8S / Tri-X

category: Nikon F3

thread: 鉄道写真 - janre: 写真

tag: Tri-X[400TX]  Ai50mmF1.8S  GT-X820  鉄道 
tb: --   cm: 0

わたしのえふさん  


Canon New F-1 + New FD 35-70mm F2.8-3.5 / RXP

試し撮りから一コマ。
買ったはいいものの、お蔵入りしているレンズが増えてきたのはきっと気のせい。
気付いたら35-70/2.8-3.5が3本もあったなんて絶対気のせい。
気のせい…なんだから。。。

その3本の何れにもガタがきていて、実用こそできるもののどこかしらに不具合があるのは気のせいじゃないみたいで。

category: Canon New F-1

thread: カメラ機材 - janre: 写真

tag: PROVIA400X  NFD35-70mm  GT-X820  カメラ 
tb: --   cm: 0

上陸  


N0088013.jpg
Nikon F3 + Ai Nikkor 24mm F2S / GOLD100

船に乗ってから下りるまででフィルムの大半を使い切ったらしく、この後は殆ど撮っていなかったようだ。
滅多に載らない船だから楽しかったんだろうな。きっと。

category: Nikon F3

thread: 旅の写真 - janre: 写真

tag: GOLD100  Ai24mmF2S  GT-X820  旅の写真   
tb: --   cm: 0

島へ  


Nikon F3 + Ai AF Zoom-Nikkor 35-70mm F2.8D / GA100

これも去年の今頃だったか。
近年だんだんと予定の合わなくなってきた我が家が珍しく一家総出で出かけた日。
総出と言っても3人なのだけれど。

category: Nikon F3

thread: 旅の写真 - janre: 写真

tag: GOLD100  AiAF35-70mmF2.8D  GT-X820  旅の写真 
tb: --   cm: 0

いつかの海  


RICOH R1s / PRESTO400

category: RICOH R1s

thread: 旅の写真 - janre: 写真

tag: NEOPAN400PRESTO   
tb: --   cm: 0

鈍色の灯り  


Nikon F100 + Ai Nikkor ED 180mm F2.8S / RDPIII

新兵器にして僕の持つ中では望遠最大の切り札ED180/2.8S。
コイツはなるほど。
先人たちが挙って求めた訳にも納得。

category: Nikon F100

thread: 鉄道写真 - janre: 写真

tag: PROVIA100F  AiED180mmF2.8S  GT-X820  鉄道 
tb: --   cm: 0

炒飯の旨い店  

OLYMPUS μ-II / PRESTO400

旅先の食事は悩みの種であります。
特に撮影のときは、余裕のない中で弾丸旅行になることも多く
目的地へ到達して撮ることが第一になるので時間と財布とも相談が必要ですが、彼らからはなかなかいい返事が貰えません。
時に一軒の商店すらないような地を歩くときには、まず食事処を見つけるのに難儀。
そんなときはついついコンビニ飯がメインになってしまいます。

この日もそんな情けない食事事情が何食も続き、やっと宿に入るころには殆どの軒の明かりも消えかけていた…気がする。
スナックを除けば恐らく周辺で一番遅くまでやっていたのがこの店。
相当に高齢だろう老夫婦が営む小さな大衆中華食堂。
暖かいご飯が食べたかった僕は、気分で800円の炒飯を頼んだのでした。

疲れた身の不明瞭な記憶でも、何故かこのシーンだけは克明に覚えていました。
店主のご老人は僕の声を受けるとゆっくりと鍋に手を伸ばし、
カウンターの上に置かれていた丼の調味料を少しずつ掬って飯と絡めていく。
注文から10分ほどで出てきた小山に盛られたそれは、僕のそう長くない人生の中では一番の旨い"飯"でした。

僕の居た間にも常に1~2組の客が入れ代わり立ち代わり来ていたあそこは、きっと街に愛された店なのでしょう。

ううむ。文章って難しい。


category: OLYMPUS μ-II

thread: 旅の写真 - janre: 写真

tag: NEOPAN400PRESTO  GT-X820  旅の写真  街角 
tb: --   cm: 0

雪晴れて  

Canon New F-1 + New FD 50mm F1.4 / RDPIII

本業のイベントが一つ終わりました。
周りに散々迷惑をかけた末にどうにかこうにか最後まで持って行ったとっても優しい世界。
自分にしては割と精一杯やりきれたのではと思っています。
来年もまたできるといいなぁ、という独り言。

category: Canon New F-1

thread: 自然の写真 - janre: 写真

tag: PROVIA100F  NFD50mmF1.4  GT-X820  花鳥風月  雪景色  スナップ 
tb: --   cm: 0